事業概要

色再現性やコントラスト比の角度依存性をできるだけ抑えたい。

そのためにはどのように液晶を配向し、偏光フィルムをどう設定すべきか?
新しいパネル構成のアイデアがあるが果たしてそのパフォーマンスは?
LCDMasterシリーズは、LCD設計者、研究者が常に直面する問題に実験、試作にかわってお答えします。

特長

  • 表示器構成を自由に定義し、その光学・視覚特性を推定します。
  • 設計パラメータの最適化のほか、新しい構成、表示モードの検証などに力を発揮します。
  • ダイレクタ計算、光学計算には独自のアルゴリズムを採用しており、 精度の高い計算結果を高速に得ることができます。
  • 最新の研究成果とともに多くの利用者からの意見を随時取り入れアップデート。今話題の内容が数多く含まれています。
  • 優れたGUIを備えており、短時間に操作を修得することができます。
    また他のWindowsアプリケーションソフトウエア、たとえば表計算ソフトで独自の解析を行ったり、 DTPソフトにデータを渡して技術報告書を作成するなど拡張した利用を期待できます。
  • 独自のデータベースシステムを採用しています。
  • 液晶や光学材料の物性定数、表示器構成などの定義や指定が驚くほど簡単に行えます。
  • 標準的なパソコンとMicrosoft Windows上で動作しますので、お客様の御予算と目的に合ったパーソナルシステムを安価に構成することができます。
  • 電話、FAX、E-mailによるサポート、インターネット上の弊社ホームページによる情報提供とプログラム配布、定期的に開催している技術セミナーなどのサービスを極めて低価格で受けることができます。

動作環境

  • CPU : Core i、Xeon
  • メモリ : 1GB以上
  • HDD : 40GB以上
  • OS : Windows 7,8,10

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL