◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇

   Cosmos 2022 更新内容
                    SHINTECH,Inc

◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇


☆☆更新日と共に、更新内容に対するバージョン番号を表示することに致しました☆☆



Ver 22.01.03.0002.0 -> 22.01.04.0000.0 (2021/11/12)
    ・ExCosmosでSVL実行の出力要素フォーマットが不適であったのを修正。


Ver 22.01.03.0001.0 -> 22.01.03.0002.0 (2021/11/01)
    ・OgOの未追加ファイルを追加。

Ver 22.01.03.0000.0 -> 22.01.03.0001.0
    ・外部プログラム呼出時のシグネチャの間違いを修正。


Ver 22.01.02.0001.0 -> 22.01.03.0000.0 (2021/10/29)
    ・JW出力すると図が抜ける現象の修正。
    ・JW入力で、グループ要素の円弧が円になって読み込まれる現象の修正。
    ・WaitCadEvent, RequestClick関数でFRQ_TIMEOUTタイムアウトが設定できるようにした


Ver 22.01.01.0001.0 -> 22.01.02.0000.0 (2021/10/15)
    ・プロテクト修正。


Ver 22.01.01.0000.0 -> 22.01.01.0001.0 (2021/10/04)
    ・JWW入力で画層の状態(登録/参照/表示)が正しく引き継がれない問題の修正。
    ・HASPドライバ更新。


Ver 22.01.00.0000.0 -> 22.01.01.0000.0 (2021/09/30)
    ・DXF入力の寸法の矢印が表示されない不具合を修正、また以下読込時、グループ構造を定義する機能を追加。
     (マルチ引出線/ポリライン/要素分解モードで寸法線を読込時、引出線と記事(注釈として解釈))
    ・Cosmosメインフレームの印刷とプレビューが、印刷設定を経由しないと動作しない問題と印刷設定の値が正しく記憶反映されない問題の修正。
    ・CosmosにDXF出力時に同名固有画層を統一する切替の追加。
    ・JWW出力でA1横の座標の図枠がほかの縮尺に影響されてしまう問題の修正~座標の説明を調整~。
    ・JWW入力で自由曲線処理でハングアップする問題の修正。


Ver 22.01.00.0000.0 (2021/09/03)
    ・プロトタイプリリース(セットアップ版プレリリース。)